田縁日記


<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


*農作業始め

「最近のイノシシ被害がひどいので、年明け早々に地元役員で点検に廻ったら、そらの川沿いの金網が3か所破られとったバイ!」
井上代表から連絡が入り、急きょ、補修をすることになり、でんえん隊7名が集まりました。

現場に行くと、「そら」の川沿いは草ぼうぼう。その中をしっかりとした獣道が…。
それをたどっていくと、太い針金でできたメッシュ柵が、飴のように曲げられ、見事な通り道ができていました!

そこで、川沿いの道の草刈をして、3か所のメッシュ柵を外して、新しいのを今度は2枚重ねで補修。
おかげで、「そら」の下の川沿いは見晴らしのいい道になり、メッシュ柵はきちんと回復しました。

それにしても、イノシシが暴れまわったおかげで、「そら」のあぜは崩れかけたところが多数あり、冬場の作業が増えました(^^;)

午後は、石垣の補修か所などの点検を行い、冬場の作業計画を立てました。


author by 川口


| 田んぼ2017 | comments(0) | trackbacks(0) |
*子供靴

いつの忘れ物か定かではありませんが、ニューバランスの子供用スニーカーにお心あたりのある方は、事務局までご一報下さい。


| 忘れ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
*餅つき2016

嵐がおさまった朝7時30分、でんえん隊が「山の家」に集合。まずは、オクドに火を起こし羽釜でお湯湧かしから。

 

羽釜の中には恵澤さん畑の大根葉も投入。
羽釜の上に重ねた一番下のセイロに、ボコボコと沸騰したお湯の気泡が直接当たるとモチ米が蒸せないので、大根葉を入れて小さな気泡にします。そして、その沸騰した蒸気だけがセイロを抜け、モチ米が均等に蒸されます。

 

ザルにあげた、昨日から浸水させたモチ米。セイロにそのモチ米をセッティングして蒸し上げスタート。

 

なかなか年期の入った機械で蒸したモチ米をこね、時短します。

 

サポーターさんが来る前に、まずはでんえん隊からもちつき開始!

 

9時過ぎには、サポーターさんたちも、もちつきに次々と参加してくれました。

 

つきたてモチは屋内の講堂へ運び、ちぎって丸めます。

 

サポーターのふたいし母さんの指導で、初めての方も上手に丸められました。

 

モチ運びボーイ!丸めた持ち帰り用のモチを乾かす和室へ。

 

和室のテーブルにモチを並べる、いつも頼りにしているサポーターのよしださん。

 

終日ずっとモチ並べを手伝ってくれたサポーターさん、ありがとう!

 

時折、パラパラっと雨が降るので、今年もテントの下でのもちつき。

 

ぺったんぺったん、まだまだ、もちをつき続けます。

 

今年も田縁の畑で収穫したヨモギ入り!

 

外炊事場もフル回転!

 

モチ丸めもフル回転!

モチ丸めガール!丁寧に丸めてくれて、ありがとうね。

 

中炊事場ではでんえん隊の女性陣で、あんこの用意や小林さん畑の大根をおろしたり。

 

事務局のU子さん手作りのきな粉に砂糖を加えて仕上げます。毎年のことながら、このきな粉、めちゃめちゃ美味しいんです!

 

つきたてモチをきな粉に投入してちぎる横には、子どもたちが待ち構えてました。もう美味しくって、きな粉モチから離れらません(笑)

 

その他、白モチはもちろん、黒餡や白餡のモチ、おろしモチ、ゆずモチ、ヨモギモチ、玄米モチに黒米モチを食べ、みんなお腹いっぱいになったようでした。

 

昼食の後、ゆず狩りに行くと、ウリ坊が通って感激の子どもたちでした。親イノシシが近くにいたはずですが、何事もなく良かったです。ともあれコンテナ4個分、たくさん穫れました。

 

持ち帰り用のモチが乾いて用意する間、みんなでお片付け。15時過ぎには予約のモチと、お土産用のモチやゆずをお渡しできました。

今年は約140名の参加、ありがとうございました!

みなさん、良い年をお迎えください。

 

photo by 南&ふたいし父さん&スーさん


| イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
*もちつきの準備

明日はいよいよ今年最後のイベント「もちつき」!

今日は午後から、でんえん隊の藤中さん・太田師匠・森田さん・スーさんが「もちつき」の準備をしてくれました。
大量の道具があるので、一部の道具や材料、薪を「山の家」に運び入れました。続いて、朝一番に蒸し始める白モチ米を外炊事場にて洗い、再びサポーターハウスへ持ち帰り浸水させ、明日に備えました。

雨風の中、お疲れ様でした。

 

photo by スーさん


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*田縁きな粉

今年は大豆が全滅で、餅つきの時に田縁きな粉が振る舞えない・・・
と、ガッカリしていたのですが、

米倉庫から、昨年産の大豆が3キロ出てきました!

その大豆で、今年も田縁きな粉を作っていますので、
餅つきに参加される方は、無農薬のお手製きな粉をご賞味くださいませ。

 

 

author & photo by U子


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*もちつきの準備

さとの庵では、午前中の田んぼ作業と同時に、もちつきの道具などを洗ったり、点検整備を行いました。

午後からはサポーター2名とでんえん隊11名で、備品などの準備を行い15時には終了!

12月23日は良い天気になりますように。


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*今年最後の田んぼ作業

まずは、作業前に来たでんえん隊で、しっかり田んぼを守ってくれたカカシさんを回収しました。

そして10時から、今年最後のワラまき開始。
ワラが乾いている時は、とても楽しい作業なのですが、連日の雨やイノシシの侵入で、泥だらけの湿ったワラまきで苦労しました。
しかし、そんなことはもろともせず、グングンと田んぼがワラで覆われていき、正午前にはすべて終了しました。

 

同時進行で、全滅した大豆畑の耕うんも行いました。

 

サポーター3名、でんえん隊9名の参加、ありがとうございました!

 

author by 川口
photo by スーさん


| 田んぼ2016 | comments(0) | trackbacks(0) |
*電気柵の張替え

タヌキやアライグマなどの被害が絶えないおやさい畑。
メッシュ柵で囲んでいるのですが、それを乗り越えて入ってきているようなので、電気柵をメッシュ柵にできるだけ引っ付けるように改修し張替えました。
さらに、電気柵下の草刈や抜け穴の点検、穴ふさぎも行いました。

また、イノシシが掘り返して「そら」の畦が崩れる恐れがでてきているため、同時進行で「そら」の田んぼにも電気柵を張りました。

サポーター7名、でんえん隊10名と、たくさんの参加があったので午前中で終わりました。

 

author by 川口

 


| おやさい畑 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/141 | >>