田縁日記


<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


*ジャンボタニシと無農薬栽培の米づくり

今、田縁の田んぼには、緑濃い絨毯を敷き詰めた美しい風景が広がっています。

 

その田んぼの稲苗の根元あたりに群がるジャンボタニシたち。根絶することが難しく多くの農家からは厄介者扱いですが、田縁の田んぼはジャンボタニシと上手に付き合いながら無農薬栽培を続けています。

 

稲作の無農薬栽培で最大の難関は、草取り!
昔の人たちは、なんとか雑草の被害を少なくしようと、知恵を回してきました。ただ、どの方法も労力や手間がかかり、大変な作業でした。
30年くらい前の糸島で、ある農家が減反で稲を植えられなくて、代かきしてそのまま水を貯めていた田んぼを見て驚きました。
「1本も草がない!」
よく観察すると、稲を食べる害虫とされ始めていたジャンボタニシが田んぼ一面を動き回っていました
「!」
これは除草剤よりも凄いじゃないか。
ジャンボタニシに草取りだけをさせられないだろうか?
ここから、地元の農業改良普及員との協力でジャンボタニシによる除草法が生み出されていきました。

 

ただ、どこでもこの方法が使えるわけではありません。
次の3つの条件がそろって初めて、ジャンボタニシが稲を食べずに草だけを食べてくれるのです。

(1)水管理(田んぼへの水の出し入れ)がこまめにできること

(2)田んぼの表面の高低が少ないこと

(3)大きな苗を植えること

 

この中でも(1)が一番重要。
ジャンボタニシたちは自分の貝殻が水に浸っていないと自由に動けない性質を持っています。
そのため、田植え後1〜2週間は、こまめな水管理で田面が乾かない程度にひたひたの少し水がある状態に保ってやると、イネの苗を食べられることはありません。
そして、小さな雑草が生え始めた頃に水をたっぷりと貯めてやると、柔らかい雑草の新芽をくまなく食べてくれます。
これは、私たちの田んぼが山手の棚田で川上にあり、ほぼ自由に水の出し入れができるのでかなっていること。

しかし、川下の平地では、川上の田んぼから順番に水を使うので思いどおりに水が使えません。また、除草剤の効果を高めるために、田植え後すぐに水をどっぷりと貯めてしまいます。まだエサとなる雑草が生えていないので、ジャンボタニシたちは仕方なく稲の苗を次々と食べてしまうのです。
そのため、ジャンボタニシを駆除しようと、さらに農薬を使わざるを得ない現実には心が痛みます。

 

(2)と(3)については、私たちも毎年がんばっています。

(2)は、冬場の田んぼの高低直し、代かき前の田んぼの四隅の高低直しと丁寧な代かき。

(3)は、苗箱の数は増えますが、みのる式のポット苗を育てることで、5枚の葉が出ている大きな苗を田植えしています。

 

こうやって、もともと生息していたジャンボタニシと上手に付き合いながら、私たちは無農薬の米作りをやっていますが、ジャンボタニシが生息していない田んぼに新たにジャンボタニシを入れての除草はしないで下さいね。

 

掌をぱあっと広げたような葉形になった姿は、稲苗が健やかな証拠。今のところ田縁の田んぼとても順調です。

 

去年は田植え後に大雨が続き水路が止められ、ジャンボタニシも働けず草ぼうぼうになってしまいお米は不作でした。
しかし、今年は細かな水管理と調整ができ、ジャンボタニシにも除草してもらったので、雑草のない綺麗な田んぼで元気に稲苗が育っています。

 

author by 川口
photo by mc


| 随筆録 | comments(0) | trackbacks(0) |
*つくしろまんへの追肥

今日は2日前に予定していた「さと一〜三・五・六」「たつ一〜四・七〜十」に植えた「つくしろまん」への追肥(肥料を施す)作業。
「つくしろまん」はプロジェクトで作る稲の中では、一番早く収穫する早生品種です。

例年8月のお盆頃に出穂(稲穂が出ること)して、9月下旬に稲刈りします。
出穂の1か月前くらいから、稲の身体の中では穂作りが始まります。その時期が今!
今日は「つくしろまん」を大きな穂に育てるためにの追肥です。肥料はペレット状の菜種油かすを使ったので、とても撒きやすかったです。

でんえん隊は、「そら」の畦の草刈作業。斜面が多く、残りはまた来週です。

 

小学生のサポーターも、肥料が入った重たいバケツを抱えながら大人顔負けにがんばりました!
サポーター大人5名・子ども1名、でんえん隊12名と参加者も多く、合計13枚の棚田を手際よく追肥できました。

 

author by 川口
hoto by mc

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*ずらりと芽が出揃いました

先週種蒔きをした後、雨が降ってくれたおかげで、大豆の芽が皆揃って出ていました。

 

なんとも可愛い光景。今年も美味しい枝豆に、たくさんの大豆が実り、来年はお味噌が作れますように。

 

author & photo by mc


| 大豆2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*サツマイモ畑の草取り

今日は雨の中、サツマイモ畑の草取りと草刈を行いました。

5月19日にサツマイモを植えて以来、米作りの作業が忙しく、そのままにしていたので、畑に来るのは久しぶりです。
苗を植えた時は、ずっとお天気続きで枯れるのではないかと心配していましたが、もう畝間が隠れ始めるくらい大きくなっていました。
しかし、草も元気!黒マルチをしている部分は草は生えませんが、土の見えてる隙間や畝と畝の間からから、たくさんの雑草が…
みんなで鎌をもって地道に草刈をしました。
また、畦を立てたまま黒マルチをして何も植えていなかった畝に、大きくなったサツマイモのツルを切って補植をしました。

ツルの先端から50cmほど切り取り、小さな新葉部分のツルは切り落とします。

 

大きな葉っぱ4枚ほど付けて切り取ったツルを植え付けました。ちょうど雨が降っていたので、水やりをしなくていいので助かりました。

でんえん隊は「たつ一〜六」と「いこい畑」サツマイモ畑の「川向う」周りの草刈を行いました。

サポーター2名、でんえん隊10名の参加、時折の土砂降り雨の中ありがとうございました。

 

author by 川口
photo by mc

 


| サツマイモ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*畑とはるか周りの草刈り

川口さんと太田さんで、午前中におやさい畑の草刈りを行いました。

 


| おやさい畑 | comments(0) | trackbacks(0) |
*一郎と楓周りの草刈り

おやさい畑の草も茂ってきたので、午前中に川口さんと宮部さんで草刈りを行いました。

 


| おやさい畑 | comments(0) | trackbacks(0) |
*大豆の種蒔き

今日も農作業にはちょうどよい曇り空。
毎年、梅雨の合間で行う大豆の種まきは、なかなか思うようにできないのですが、今年はお天気に恵まれました。

 

昨日もきれいに整え立てられた畝に、早速30センチ間隔で作った田植え綱を利用して、大豆を播く穴をペットボトルで作っていきました。

 

20列の畝に植え穴を作り終えたら、1穴に3粒ずつ大豆を蒔いて、土をかぶせ、その上を踏んでいきました。
最後に電気牧柵を張って、無事大豆の種まき作業は終了。

 

段取りよく、早めに終わったので「さと一〜六」の田んぼ周りの草取りも行いました。

でんえん隊は、地元の環境美化活動として、道路わきの草刈に参加しました。

そして、今日も参加者全員に、川口さんが育てたトウモロコシとシシトウのお土産付きでした。

 

サポーター大人3名・子ども1名、でんえん隊15名の参加、ありがとうございました。

 

author by 川口
photo by スーさん & mc

 


| 大豆2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*大豆の種蒔き準備2日目

今日から夏時間、朝7時からの作業。
週初めの天気予報がはずれてくれたおかげで、今日も明日も雨は降らないようです。
そこで今日は、昨日「たつ十一」に作った大豆用の畝と排水溝をつなぐ作業を行いました。
皆さん、手際よく9時半過ぎには完了!

余った時間で「たつ三〜六」の畦際の草取りを行いました。

 

そして、今日のお土産は事務局畑で川口さんが育てたトウモロコシ、キュウリ、シシトウなどの朝採り野菜!
農作業の終わったサポーターさんが早速、トウモロコシをその場で食べていました。採れたてのトウモロコシは生で食べても甘いんです!

サポーター3名、でんえん隊3名の参加、ありがとうございました。

 

author by mc


| 大豆2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/182 | >>