田縁日記


<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


*ワラ撒き

午前中から続いた大豆の掛け干しが14時に終わり、残りの時間で「さと七」「たつ五・十一」のワラ撒きを。

 

そして、夏からずっと田んぼを守ってくれた案山子を集め、今年の仕事を労いました。
おかげさまで豊作となり、感謝です。

 

サポーター3名、でんえん隊12名の参加、寒いなか、ありがとうございました。

 


| 田んぼ2017 | comments(0) | trackbacks(0) |
*大豆の収穫と掛け干し

今日は真冬を思わせるような寒い1日でした。

午前10時から、大豆の収穫を行いました。
今年の大豆は、カメムシの被害に遭い、半分以上がまだ青々とした葉がついたまま。カメムシにやられた大豆は栄養分がタネに貯まりません。そのため、栄養分が葉に貯まったままで葉が落ちないままなのです。
11月中旬になると、ふつうの大豆はサヤだけになっているはずなのですが…。
ただ、残りの半分は大豆になってくれているので、きちんと収穫できれば、味噌づくりは何とかなりそうです。
とにかく、大豆をすべて根から抜いて、葉が付いたものはすべて葉を切り落として、掛け干ししました。寒風の中、時折射してくるお日さまの光がなんとも暖かくて、その度にほおぉとしました。

 

author by 川口


| 大豆2017 | comments(0) | trackbacks(0) |
*稲作の脱穀全て終了!

今日は、暖かな日差しの中で、今年最後の脱穀を行いました。
一番遅いヒヨクモチ。でんえん隊7名だけで、2台のハーベスタを使って小一時間で終了。

その後「たつ五・十一」の掛け干し竹の片付けと、「たつ五」の藁撒きの一部を行ました。

昨年は雨が多くて、なかなか脱穀できませんでしたが、今年は稲作全ての脱穀が早めに終わってよかったです。

あとは、大豆の収穫と、ワラまき、竹の片づけだけになりました。サポーターのみなさん、最後までよろしくね!

 

author by 川口

photo by スーさん

 


| 田んぼ2017 | comments(0) | trackbacks(0) |
*おやさい畑の階段にご注意を!

「かえで」と「一郎」の階段が壊れていたので、取り急ぎ片側だけでも歩行できるようにと、太田師匠が修理してくれました。
修理が済んでない片側階段は竹と紐で囲んでいますので歩行しないよう注意しましょう。

 

photo by 太田師匠


| おやさい畑 | comments(0) | trackbacks(0) |
*収穫祭2017

福岡マラソンや七五三の影響なのか、参加者は例年より少なかった今年の収穫祭。

 

朝一番に志賀神社もきれいにして田の神様に感謝の意を伝えました。

 

それから、山の家へ向かい、前日にさとの庵の裏山から切り出した孟宗竹で器を作り。

 

好みの大きさに切って、紙やすりで磨き、さらに田縁米の籾殻で磨きあげ、自分だけの器のでき上がり。

 

自分で作った器に田縁味噌で作った豚汁を注いでもらって、炊きたて田縁米の新米ご飯も器に盛っていただきます!

 

 

田縁の古味噌などに漬け込んだズッキーニとキュウリは、でんえん隊の小林Sさんの奥様からの差し入れ!
美味しかった〜
巨大田縁サツマイモの揚げスィートポテトも振舞われ、子供たちも喜び、お口いっぱいほおばっていました。

 

お日様の下で、にぎやかに今年の収穫を味わい、つくづく感謝。

 

午後は、表彰式を行い、自己紹介や今年の思い出のお絵描きや意見交換をして、無事に収穫祭を終わらせることができました。

 

photo by 南 & スーさん & SAKOU


| イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
*収穫祭の準備

明日の収穫祭に向け、でんえん隊12名は朝からお昼すぎにかけ、サポーターハウスと山の家に分かれて準備作業を行いました。

 


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*てんこ盛りの米作業

今朝はぐっと冷え込んだ分、からりと晴天。午前9時からサポーターハウスの前でお日様を浴びながら、黒米選別や竹片付け作業が進みました。

 

午後は4班に分かれての作業を行いました。

サポーターハウスでは、選別した黒米をペットボルに詰め、札をつけるチーム。

さとの庵の母屋では田縁米贈答袋を作るチームのでんえん隊。

 

昨日パラパラっと雨にあったものの、今日のこの天気でやっと乾いた「たつ六」の残りと「たつ五」のつやおとめ。二台のハーベスタでガンガン脱穀チーム。

 

昨日レンゲの種が蒔かれた「そら一・二」にはワラ撒きチーム。

2時には、黒米ペットボトル詰め、贈答袋作り、つやおとめの脱穀、が全て終わり、手が空いたでんえん隊やサポーターもワラ巻きに合流し、一斉にワラ撒きスピードが早まりました。

そして再び、2時半過ぎに芋掘りチームを結成してサツマイモ畑へ。

 

残っていた1畝を掘り上げ、収穫したサツマイモは今日の参加者のお土産にしました。

 

収穫祭前、絶好の脱穀日和ということあり、てんこ盛り盛りの農作業となり、皆さん大変お疲れになったことですよね。

サポーター大人10名・子ども5名、でんえん隊12名の参加でした。休憩もままならずで申し訳なかったです。

おかげさまで目標の作業が達成でき、心より御礼申し上げます。ありがとうございました!

 


| 田んぼ2017 | comments(0) | trackbacks(0) |
*黒米の選別と田んぼ作業

 

今日は寒気が北からやってきて、やや肌寒い1日でした。午前中は晴れていたので、外で黒米の選別作業。

 

「そら三」ではレンゲの種まきの準備で耕耘作業してたところ、11時ころから雲行きが怪しくなってきて、時折パラパラと雨が…しかし、雨の合間を縫って、午後から「そら一〜三」のレンゲの種まきが終了。

 

その後、黒米の選別。

 

黒米の選別に飽きてきた子どもたちを連れて「そら十二」のワラまき作業をしました。
おかげで、体もぬくもって、子どもたちも大満足のようでした。

 

男性スタッフは、竹の片付けもしたり、今日もパワフルでした!

サポーター大人13名・子供6名、でんえん隊14名の参加、お疲れ様でした。

 

author by 川口
photo by Fまさよさん & U子

 


| 田んぼ2017 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/156 | >>