田縁日記


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


*草がいっぱい

先週の雨で、さとの庵の西側ががけ崩れになり、さとの庵の下の道路に沿った用水路に水が流せない状況になっています。この用水路は、田縁の田んぼのうち、さと7枚、そら5枚、たつ5枚の田んぼに水を供給していいるので、そこがストップしたため地割れしたり、ジャンボタニシが働けず田んぼには草がかなり生えています。
このままでは、収穫が半減する恐れもあります。

 

今日は「そら一」の草取りをしました。
早朝からとても暑いうえに、絨毯のようにフサフサに生えた草、そして「そら一」は広いから、なかなか奥まで行き着きません。

 

それでも、なんとか「そら一」の9割ほどの草取りができました。

でんえん隊は「たつ」の畦、「いこい畑」、「そら一・二」の畦の草刈りをしました。

 

サポーター大人12名・子ども2名、でんえん隊11名のみなさん、ありがとうございました。


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
*大豆の種まき

男性陣は、スコップや平ぐわをもって、昨日畝立てしたところを排水路につなぐ作業。大雨が降っても大豆がやられないように、排水対策です。

 

畝が整ったところから、株間が均等になるよう田植え綱を張り、赤い紐のところへペットボトルのキャップ部分で播き穴をあけます。

 

そこに3粒ずつ大豆の種を蒔いていきました。

 

そこを、足で踏んでいき、種まきは終了。人数が多いので、わずか1時間足らずで播き終わりました。

サポーター大人15名・子ども4名、でんえん隊10名、今日はたくさんの参加があり、とても助かりました。

 

author by 川口
phto by KATSUHIKO


| 大豆2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
*草取り

大豆の種まきが早く終わったので、残った時間で「たつ七」「さと二・四」の草取りをしました。
がけ崩れの影響で、田んぼに水が来ないため、草がびっしり!
でも、たくさんの参加のおかげで、3枚の田んぼがほぼ終わりました。

でんえん隊は、あぜの草刈。こちらもきれいになりました。


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
*つくしロマンの田んぼに肥料振り

今日はサポーターハウスに着くと、いきなりチェンソーのけたたましい音が…
先日の大雨で崩れた「さとの庵」の西側の斜面の杉の木が数本切られていました。地元の方たちが朝早くから来て、復旧工事をされていました。
ありがたいことです。

 

梅雨明け以来、いいお天気が続いて、今日も朝から暑い一日でした。
今日は「たつ一〜四・七〜十」「さと一〜三・七」に植えた「つくしロマン」の追肥作業をメインに行いました。
先週の大雨の影響で用水路が埋まったり、川の堰が流されたりで、どの田んぼにも水が入っていなくて、ひびが入るほど乾いていました。
乾いた田んぼは歩きやすく、追肥作業にはやりやすくバッチリでしたが、水が入らないと、せっかく撒いた油粕が溶けないので、追肥の効果がありません。

 

川の水はまだ濁ったままです。堰が流されたところは、古くなった畳や土嚢で改修!

 

川の堰を再生したおかげで水路に水が流れ「たつ一〜六」には水を入れることができました。

 

しかし、まだ水が流れない共有の水路もあり、さと7枚、そら5枚、たつ5枚の田んぼに水が供給できないままで、ジャンボタニシが働けず、今年は田んぼの草がかなり生えてしまいました。そこで1時間ほど草取りをしました。
早く、用水路の復旧を願っています。

 

サポーター4名、でんえん隊11名の参加、暑い中、ありがとうございました。

 


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
*大豆畑の畝だて

「たつ十一」では明日の大豆の種まきに備え、朝日を浴びて耕耘開始!

 

耕耘の後は、トラクターに畝だて機を装着して畝だてへ。

 

綺麗に畝が仕上がりました!スーさん、お疲れ様でした。

 


| 大豆2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
*草刈りと大雨の後片付け

弱い雨が残る朝7時から、瑞梅寺地区の草刈りにでんえん隊4名参加、他3名は「たつ」の畦とメイン通りの草刈りを、5名は大雨で水浸しになったサポーターハウスの後片付けを行いました。

 


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*記録的豪雨の後

昨日から続く大雨、九州も糸島も各地で避難指示や勧告が相次いでいたため今日の農作業は中止にしました。
しかし、事務局作業があったので、二人で9時過ぎに井原山に行ってみると…
おぉっ!道路わきの斜面や、なんとさとの庵の斜面が地滑りを起こし道路を塞いでしまっていました。

 

さとの庵の外側斜面の地滑りは道路から下の畑までに流入。復旧にはしばらくかかりそうです。

 

サポーターハウスの裏も小さな地滑りで、用水路が土砂で塞がれてしまいました。

 

土砂で塞がれた水があふれてサポーターハウス内に流れ込んで、プール状態に…。
とはいえ、午前中は、7月分の米運びと宅配準備作業、畑会員用に根深ねぎの苗分け作業を予定していたので、黙々とやり遂げました。

 

午後からはでんえん隊に緊急に集まってもらい、サポーターハウス裏の地滑りで水路を塞いだ土を取り除き、邪魔にならないよう土嚢袋に入れました。そして、また土が用水路に流れ込んでも、水が流れていくように塩ビパイプを設置しておきました。

また、あちこちの斜面の上から流れ込んでくる水を用水路に集めるため、スコップで溝を掘り用水路に導き、さらに、また地滑りを起こさないよう、ブルーシートをかぶせて応急処置は終了。

 

ほんとにひどい雨でした。梅雨明けしたら、修復作業を行う予定です。

でんえん隊9名、悪路の中、ご苦労様でした。

 

author by 川口

photo by 南 & SAKOU


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*草取り

今朝は日差しがないため、農作業には絶好の日和でした。
昼から日差しが出てくると、なんと糸島の最高気温は35.7℃!早起きしないといけませんが、夏はやはり早朝の農作業でないと、熱中症になってしまいますね。

昨日までの大雨で水路の水が止められたままのため、田んぼに水が貯まっていなかったので、草押しができず、草取りに変更。バケツを片手に、草取りをしながら、ジャンボタニシに食べられた苗の補植をしていきました。
参加者が多かったので、なんと「さと一〜六」「たつ九・十二」の8枚の田んぼの草取り終了!

 

田んぼに水が入れば、ジャンボタニシが草を食べ、私たちの草取りが最小限で済みます。

 

でんえん隊は、「川向う」のサツマイモ畑の草刈。草でうっそうとしていたイモ畑の周りがきれいになりました!
また、サポーターハウスに積まれていた苗箱も段ボール箱にきれいに納めて、2階の倉庫に片付けました。整理整頓は気持ちがいいですね。

 

今日は「おやさい畑」の草取りもあり、たくさんの参加者のおかげで、農作業がグーンと進んで、ほんとに助かりました!
サポーター大人18名・子ども5名、でんえん隊13名の参加、ありがとうございました。

 

author by 川口


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/167 | >>