田縁日記


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


*収穫祭2018

今日は総勢61名の収穫祭。

冷え込んだ朝9時半に志賀神社のお掃除からスタート。お米が収穫できたことを感謝して参りました。

そして、山の家のキャンプ場へ!青竹でご飯などいただくマイ食器作りにみんな夢中でした。

 

お昼にはぽかぽかの収穫祭日和になり、白と紫の田縁新米ご飯をみんなでいただくことができました。

 

田縁味噌で作った豚汁も何杯もお代わりして、普段よりたくさんご飯食べてしまったみたいです。

 

午後は農作業の想い出を描いたり、表彰式や意見交換をしたり。今年も無事に収穫祭を終わらせることができました。

 

 


| イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
*収穫祭の準備

今日は、でんえん隊8名で明日の収穫祭準備と11月の新米の準備を行いました。
今月は贈答用や黒米など多くの種類があるし、注文数が多いので準備が大変です。

まず、先週選別してもらった黒米のペットボトル詰め。
可愛い「田縁黒米」のラベルを付けて出来上がり。
約200本できました。

その後は、今年新しく作成した、田縁の段ボール箱を組み立て、梱包。
宅配の方は、乞うご期待。感想など頂けたら、ありがたいです。

その他、いろいろと準備作業を行いました。明日が無事、皆さんの笑顔に包まれますように。

 

author by 川口

 


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*黒米の選別

今日もいいお天気だったのですが、参加者はサポーター3名・でんえん隊3名、たったの6人…
それでも、11月分の田縁米として黒米をお届けしようと、朝9時から黒米の選別に頑張りました。

今年は、購入した黒米の種子に赤米やモチ米、うるち米が混ざっていて選別にとても時間が掛かるので、とても終わりそうもありませんでした。
そこで、午後からは混ざっているモミだけを選別して、白米や赤米を残したままにしました。
そのため、例年に比べて白米や赤米が多く黒米に混ざっていますが、同じ田んぼで育った田縁米に変わりはなく、白米と一緒に炊き上げれば、いつもの紫色のご飯になります。

 

author by 川口

 


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*れんげ草の種まきと黒米の選別

午前中は、昨日脱穀が終わった「たつ五・六・十二」のれんげ草の種を蒔きました。
ただ、種まき前の準備が大変で、まず脱穀した藁を畦に移動させた後に「たつ五・六」をトラクターで耕耘。
そのあとに、れんげ草の種を蒔くのですが、種の大きさが小さいので苦戦しながら手分けして蒔きました。

そして仕上げに、畦に置いていた藁をれんげ草の種を蒔いた田んぼにまんべんなく撒きました。

午後は黒米の選別。午前中に黒米専用の籾摺り機で黒米の玄米にしているのですが、もみ殻や白米が少し混ざっているために、手作業でそれらを取り除いていきます。
根気のいる仕事をみんなでテーブルを囲みながら、おしゃべりしながら楽しく作業しました。

最後は、サツマイモ堀り。今日もたくさん穫れました!

サポーター大人7名・子ども1名、でんえん隊14名の参加、ありがとうございました。

 

author by 川口

 

 


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
*脱穀すべて終了!

抜けるような秋空の下、今日はサポーター大人11名・子ども1名、でんえん隊10名の参加者のおかげで作業がはかどりました!

まず、午前中は、「たつ五・六」も実りつくしと「たつ十二」の黒米の脱穀、竹片付け、「そら一・二」の藁まき、「そら四・五、たつ十二」の耕耘など、同時並行でぐんぐん作業が進みました。

午後からは、毎年天日乾燥に苦労していた「さと四」のもち米の脱穀ができました!
また、午前中に耕耘した「そら四・五」にれんげ草の種を蒔きました。
今年は種まきが少し遅くてやや心配ですが、きっと春にはれんげ草の花畑が見れることでしょう。

そして、作業後は「安納芋」と「紅はるか」のサツマイモ堀り!大収穫で、疲れも吹っ飛んだようです。

 

author by 川口

 


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
*待ちに待った脱穀

前回の土日はお米が乾燥しきれず脱穀できませんでしたが、今週お天気が続いたおかげで、バッチリ乾燥していました。
どんよりとした曇り空でしたが、脱穀はバリバリと進みました。「そら二〜四」のヒノヒカリ、「そら五」の実りつくしの脱穀が終わったのが、15時過ぎ。
同時進行で、竹の片づけ、レンゲまきのためのワラの片づけなども16時前には終了。
サポーター4名、でんえん隊8名と少ない人数でしたが、みなさんよく働きました。

作業終了後は、みんなでサツマイモ堀り。
今年はよくできてますよ!

 

author by 川口


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
*よく出来ました

今年は安納芋と紅はるかを植え、今日は安納芋を収穫しました。手頃な大きさに育ったものが多く豊作のようです。

洗ってもいいのですが皮が剥げやすいので、土を軽く落とすくらいにして、天日に当て表面を乾燥させたら、ダンボール箱などに入れ室内に保管。
10日ほど経ってからでないと美味しくいただけないので、それまでじっくり待ちましょう。
安納芋といえば焼き芋!10日後が楽しみです。

 


| サツマイモ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
*今年最後の稲刈りと掛け干し

今年最後の稲刈りは、田縁プロジェクトで作る稲の5品種のうち一番遅い「ヒヨクモチ」というモチ米です。

 

所々でイノシシが暴れて稲が倒れていましたが、1時間足らずで3台のバインダーで刈り終わりました。

 


そして竹組みをした後、次々と掛け干しされ10時過ぎには「さと四」のヒヨクモチの稲刈りと掛け干しが終了!

 

今年もドロドロの田んぼで頑張った稲刈り機を綺麗に清掃。

 

稲刈りと掛け干しがあまりに早く済んだので、ついでに午後からやる予定だった藁まきも行いました。

 

参加者が多かったので「たつ四・十」の藁まきも11時には終了。

 

今年最後の稲刈りと掛け干しした田んぼでバンザーイ!お疲れサマでした。

そしてお待ちかねの「イモ堀り」。今年は、形のいいサツマイモがたくさん穫れました!

いいお天気だったのですが、昨日の雨で干している稲のモミ水分が高くて、脱穀はしばらくできないので、午後からの作業は中止しました。

サポーター大人7名・子ども4名、でんえん隊9名の参加、ありがとうございました。

来週は、脱穀三昧です(*^-^*)

 

author by 川口

photo by Fまさよさん & スーさん

 


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/173 | >>