田縁日記


<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>


*畦の補修1

午後からいいお天気になりました。今日からボチボチと畦(あぜ)の補修作業。田縁の田んぼの畦はたくさんの人が歩くので、他の田んぼより崩れやすくなっています。
優先順位を付けて、まずは「たつ八」の畦の補修から始めました。

 

サポーターハウスから砂利を積み込み、補修する畦に砂利を敷きこみます。

 

砂利が敷かれた畦に竹の杭を打ち込みます。

 

裏山から切り出した孟宗竹を道具で八等分に割ります。

 


割った竹を杭にくぐらせ編み込んで、かさ上げした畦が崩れないよう、砂利の上に田んぼの土と藁を入れ上からしっかり押し固めます。

 

さらに田んぼに生えた草を土ごと移植し、その土で編み込んだ竹を覆い被せ側面からも押し固めて、畦に草の根を張らせ土が流れないようにします。

まさに字のごとく、田に土を積み重ねることで「畦」ができるのだと、太田師匠が教えてくれました。

今日は午後からの作業で「たつ八」の2割くらいが完了!畦の補修はまだまだこれからです。

サポーター3名、でんえん隊10名の参加、お疲れ様でした!

 

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*畦の補修2

今日は抜けるような青空!でも、時折吹く風は冷たく、じっとしてると寒いので、みんなよく働きました。

 


まず、やりかけていた「たつ八」の畦の補修作業。
先週、「ほたる街道」で刈った篠竹を使って、畦に沿って打ち込んだ竹に編み込んでいきます。これは、畦に積み上げた土が落ちない様にするため。
そして、畦下の土を削って、畦に積み重ねたり、畦の篠竹が腐らないように土に埋め込んでいきます。

 


とにかく力仕事の連続で、寒さも吹き飛びます。

 


ちょっと休憩。身体を動かさないと冷えてくるので、すぐに土方作業開始。

14時頃には「たつ八」の畦の補修はほぼ出来上がったので、「そら三」の畦の補修と「さと七」の藁まきを二手に分かれて作業を行いました。

サポーター7名、でんえん隊9名の参加、ありがとうございました!

 

 

author by 川口

 

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1 |