田縁日記


<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


*味噌づくり1日目

山の家のキャンプ場には雪が残っていましたが、昨日から少し寒さが緩んできたおかげで、山の家の前は雪も解け、味噌づくりにみなさん無事に参加できました。
管理人さんに聞いたところ、昨日は雪で通れないため、ブルドーザーが雪かきをしてくれたとのこと。
やはり、山の家付近は違いますねえ。

 

さとの庵ではスーさんが朝8時過ぎから明日の分の大豆煮を終日かけてやってくれました。

 

そして、山の家では10時から味噌づくり開始。

まず、昨日でんえん隊が煮た「大豆」を厚手のビニル袋に入れて、その上にお米と麦の「合わせ麹」を入れます。

 

それをよく混ぜ合わせて、煮大豆の形がなくなるまで手や足を使ってもみます。

 

味噌づくり初日に参加者が偏ってしまったので、今日は大量に大豆を潰すため、杵と臼も使いました。

とにかくみんなで、モミモミ、コネコネ、ふみふみ、大豆をひたすら潰しました。

 

太田さんが作ってくれた田縁餅入りのおしるこで、ちょっと休憩。

 

できあがったら、川口さんの検査を受けて、合格したら、みそ団子づくりへ。

 

みそ団子がたくさんできたところで、味噌樽の中に投げ入れます。

これは、媽祖の中に空気が入らない様にするためで、子どもたちがたくさん参加してくれました。

ただ、中には味噌樽の外に投げてしまう子も…

 

そして、8分目くらいになったところで、カビ防止に塩を表面に撒き、トウガラシをパラっと入れて、重石を乗せてフタをして、10樽分の仕込み終了。

 

みんなでお掃除と片付けをして15時半には今日の味噌作りを終えました。みなさん、お疲れ様でした!

さとの庵の「さと蔵」の中で5月までじっくりと発酵させて、予約者で蔵開きする予定です。

 

author by 川口

photo by 南 & ふたいしさんファミリー


| ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.iwara.jp/trackback/1305