田縁日記


<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


*たつ十の畦補修

時折吹雪く中、午後より「たつ十」の農道側の畦補修を行いました。

 

まず、竹林から孟宗竹の切り出し、さとの庵へ運び出し。

 

竹を割って細い板状に。

 

竹割器を使って一気に割きます。
3センチ幅で2メートルくらいの竹の板を100本以上作りました。

 

同時進行で、補修する畦の基礎にするバラスを土嚢袋に70袋くらい入れて、農道までデントラで運搬。

 

それらの準備が整ったところで、補修する「たつ十」の農道脇に10数本の杭を打ち込み、竹の板を杭を縫うように編み込みました。

寒風で体が冷えてきたため、編み込みが終了したら、今日の畦補修作業は早めに終了しました。

 

それから、先日仕込んだ味噌樽をさとの蔵に移動。

また、大豆畑だった「さと一〜三」にそのままにしておいた大豆の茎やサヤを畑全体にまき散らしました。今年は「さと一〜三」を水田に戻しますので、近々トラクターで鋤きこむ予定です。

他、でんえん隊は、午前中にお米の配送や、正午にはにんにく畑のお手入れなど行いました。

寒空の下、サポーター2名、でんえん隊11名、頑張りましたね。お疲れ様でした!

 

author by 川口
photo by U子 & スーさん

 


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.iwara.jp/trackback/1309