田縁日記


<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


*田んぼの整備と耕運

今日は久しぶりに、抜けるような青空でした。おかげで、日なたの作業はポカポカとしていい気持ち。

 

まず、午前中は、先々週に仕掛けていた「たつ十」横の農道の補修。
竹で10本の木杭を編んでいた中に、バラスの入った袋を傾斜をつけながらきれいに並べ上げました。
その上に、田んぼの土を10センチほど乗せ、さらにその上にバラスを敷いて仕上げました。

 

午後は、毎年水漏れしている「たつ十」の水の落とし口付近の補修作業。
入口付近は、畦コンクリートのパネルを外して、基礎部分にコンクリートを入れて、再建しました。
それに続く畦コン部分は、崩さずに土台付近にコンクリートを入れ、水漏れ防止のアゼシートを入れました。

女性陣は「さと一」から「さと四」に続く水路の補修の準備として、草刈やつなぎ部分の苔落としを行いました。

また、スーさんは、昨年の大豆畑だった「さと一・二・三」を今年米作りできるように、早めに耕耘しておきました。

 

今日はサポーター3名、でんえん隊9名の参加でした。いいお天気だったおかげで、たくさんの作業ができました!

 

author by 川口


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.iwara.jp/trackback/1311