田縁日記


<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


*春ジャガイモの植え付け

今日は、朝は霜で真っ白で寒かったですが、太陽が出てくると、一気に暖かくなりました。

昨日、「たつ十一」の田んぼを2回丁寧に耕耘しておいたおかげで、今朝の8時からトラクターでの畝立て作業もスムースに終了。
トラクター担当のスーさん、ありがとうございました!

10時から、サポーターさんと一緒に、春ジャガを植え付けられるように、レイキでかまぼこ型にうねを整形。
また、雨が降っても排水できるように、深い溝も水の落とし口までつなぎました。

一方、サポーターハウスでは女性陣が、種イモのメークインとキタアカリを包丁で半分に切って、EM希釈液で消毒、天日干し。

 

そして、準備が整ったところで、うねに30センチ間隔で、種イモを植える穴を掘る人、種イモを穴に入れる人、その穴を埋めて肥料を入れる穴を掘る人、ぼかし肥料を穴に入れる人、その肥料を入れた穴をレイキで埋めてうねを整地する人…

流れるように分担して、午前中で半分以上が終わりました。

 

お昼ご飯の後は、気になっていたネズミの被害にあった籾米を整理して、米蔵へ移動させました。

 

そして再び午後のジャガイモ植え作業へ。

 

午前中の残りを仕上げて、春ジャガを植え終わったうねに草が生えない様に、黒マルチをかけていきました。
春の暖かい日差しの中での力仕事で、汗だくに!

 

14時過ぎには、春ジャガ植え完了。

 

農道側3.5畝にメークイン、その横3.5畝にキタアカリを植え付けました。
サポーター大人5名・子ども1名、でんえん隊11名の参加、みなさんお疲れ様でした。

 

author by 川口
photo by 南 & ふたいしとうさん

 

 


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.iwara.jp/trackback/1313