田縁日記


<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


*つくしロマンの田んぼに肥料振り

今日はサポーターハウスに着くと、いきなりチェンソーのけたたましい音が…
先日の大雨で崩れた「さとの庵」の西側の斜面の杉の木が数本切られていました。地元の方たちが朝早くから来て、復旧工事をされていました。
ありがたいことです。

 

梅雨明け以来、いいお天気が続いて、今日も朝から暑い一日でした。
今日は「たつ一〜四・七〜十」「さと一〜三・七」に植えた「つくしロマン」の追肥作業をメインに行いました。
先週の大雨の影響で用水路が埋まったり、川の堰が流されたりで、どの田んぼにも水が入っていなくて、ひびが入るほど乾いていました。
乾いた田んぼは歩きやすく、追肥作業にはやりやすくバッチリでしたが、水が入らないと、せっかく撒いた油粕が溶けないので、追肥の効果がありません。

 

川の水はまだ濁ったままです。堰が流されたところは、古くなった畳や土嚢で改修!

 

川の堰を再生したおかげで水路に水が流れ「たつ一〜六」には水を入れることができました。

 

しかし、まだ水が流れない共有の水路もあり、さと7枚、そら5枚、たつ5枚の田んぼに水が供給できないままで、ジャンボタニシが働けず、今年は田んぼの草がかなり生えてしまいました。そこで1時間ほど草取りをしました。
早く、用水路の復旧を願っています。

 

サポーター4名、でんえん隊11名の参加、暑い中、ありがとうございました。

 


| 田んぼ2018 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.iwara.jp/trackback/1371