田縁日記


<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


*ぼかし肥料作り

今日は午後から、田んぼやおやさい畑で使う「ぼかし肥料」づくり。

 

たくさんの米ぬかを使うので、志摩小富士にあるJAアグリの倉庫の軒下で作業しました。 

 

米ぬか1.3トンを16回に分けて撹拌機に順次投入し、糖蜜とEM菌を混ぜた液体をジョーロで入れ、よーく混ぜて攪拌。

 

攪拌されたぼかし肥料を袋に入れ小分けします。

 

ぼかし肥料が入った袋は、ぎゅっと麻ひもでしばって密封します。米ぬかを発酵してくれるEM菌は空気が嫌いな菌なので、中の空気をしっかりと出さないといけません。

 

麻ひもで袋を閉じたぼかし肥料を軽トラに積み込み、サポーターさんたちとの作業は15時に終了。全部で約1.3トンのぼかし肥料を仕込みました。
お昼頃はポカポカといいお天気だったのですが、この時間になると山は白くなり雪が降り出して来ました。

 

車で来ていたでんえん隊は、一気に猛吹雪なった中、サポーターハウスへ移動。
井原の山々は雪で白く煙っていました。吹雪く様子は画像クリックで拡大して見れます。

 

手が凍えそうな寒い中、ぼかし肥料の入った袋たちをサポーターハウスの大きな缶に入れました。
このまま保管して約2カ月発酵させれば使えるようになります。

サポーター7名、でんえん隊11名の参加、ありがとうございました。

 

photo by 南 & すーさん

 


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.iwara.jp/trackback/1450