田縁日記


<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


*苗箱の据え付け

今日も、青い空と新緑がまぶしい中での農作業でした。

 

まず9時からでんえん隊が、レベラーという機械で苗床を均平にならしていきます。
そして、根切りマットというアミを敷いて、受け入れ準備完了。

 

10時からサポーターもぼちぼちと集まり、昨日種まきした苗箱とお米の品種を間違わないよう名札を付けて軽トラに載せ、苗床へ。

 

同時に、新しく米づくりサポーターになった皆さんはサポーターハウスで「田縁米スタート会」を行いました。

 

いよいよ苗箱の据え付けが始まりました。
サポーターが、苗床の間の溝に一列に並んで、ハンガーに載せた苗箱を2枚づつバケツリレー方式で、先頭の並べ手へ運んでいきます。

 

並べ手が2枚ずつきれいに並べ終わると、空いたハンガーをまたバケツリレー方式で軽トラに戻していくのです。

11時の休憩時間には、新しいサポーターの皆さんも苗床に来て、自己紹介の後に据え付け作業に初参加。
わいわいと大声で楽しく話しながらの作業は楽しいものです。

 

苗床に並べられた苗箱の上に、重量の軽めな女性や子どものペアでベニヤ板に載って、苗箱を苗床に押さえつけて、下から毛管現象で水を苗箱に吸水させればOK。

 

最後に、スズメに種もみが食べられない様に寒冷紗をかけ、午前中には約500枚が据え付け完了。

 

お昼はサポーターハウスで皆さんとランチ。日差しがきつかったせいか、サポーターハウスの中に拵えたテーブルは、涼しくてとても快適でした。

 

午後からは、残りの250枚を据え付け、2時過ぎには苗箱の据え付けが全て終わりました。

 

意外と早く終わったので、有志で落花生のポットへの種まきを3箱だけ行いました。

 

サポーター大人18名・子ども5名、でんえん隊14名の参加、ありがとうございました!

 

author by 川口
photo by 南 & スーさん & U子

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.iwara.jp/trackback/1486