田縁日記


<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


*大豆の土寄せと小豆の種まき

朝からどんよりとして、今にも降りそうなお天気。しかし、雨も降らずに涼しくて、おかげで農作業も快適でした。
まずは、大豆畑の「たつ十一」へ小豆の種まき。大豆の種まきと同じように、30センチ間隔の田植え綱を使って、3つの畝に蒔きました。
その後、3週間前に大豆の種を蒔いた畝の土寄せ作業。大豆はすでに10センチくらいに生長していて、雑草もその周りに結構生え始めていました。
この土寄せ作業の目的は2つ。
1つ目は、大豆の周りの草を削ることで、草退治をすること。
2つ目は、土をかぶった大豆の茎から新たな根が出て来るので、倒れにくい強い大豆に育てること。
たくさんの参加者のおかげで、広い大豆畑のすべての土寄せ作業は1時間半ほどで終了。 
残りの時間は石垣の草取りを行いました。

でんえん隊は、「たつ八〜十一」「さと一〜三」「たつ」の畔道のメイン通りの草刈を行いました。

同時にさとの庵母屋では、昨夜出来上がってきた田縁米こうじの袋詰もして、予約されていた皆さんにお渡しできました。

サポーター大人6名・子ども1名、でんえん隊12名の参加ありがとうございました。

 

author by 川口

 


| 大豆2019 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.iwara.jp/trackback/1531