田縁日記


<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


*れんげ草の種まきと稲刈り

昨日は台風19号が日本各所に酷い災害を起こしました。早い復興を願うばかりです。

福岡は台風の強風域から外れていましたが、それでも強い風が吹き荒れ、今日もその余波が残る中での農作業となりました。

 

でんえん隊が稲刈りと掛け干し台の組み立てや、れんげ草の種をまく田んぼを耕耘している間、サポーターはまず、脱穀が終わった「さと五〜七」の掛け干し台の分解と片付けから作業開始です。

 

風が強くて帽子が飛ばされそう。竹組みの片付けの後は、れんげ草の種をまく田んぼはトラクターで耕耘しやすいよう、脱穀が終わった稲藁を田んぼの畦へ片付けました。

 

そして、黒米の稲刈りが終わった「たつ十二」の掛け干しへ。

小さな子も一生懸命に掛け干し台へ稲束を運でくれました。

 

サクサクと黒米の掛け干しは進み、あっという間に完了。

 

次はヒノヒカリの掛け干しへ!

これまた子ども達大活躍。

 

さらに子ども達はバインダーの稲刈り体験もしました。

 

女の子も上手にバインダーでの稲刈りを楽しんでました。

 

午後からは耕耘が終わった「たつ一・二」にれんげ草の種を蒔きました。

れんげ草がたくさん咲きますように…。花が咲いた後は来年の米作りのための肥料作りになります。

 

明日のれんげ草の種蒔きのために「たつ三・四・九・十」の耕耘も完了。

 

れんげ草の種を蒔いたら、藁を「たつ一・二」の田んぼ一面に播き敷き詰めていきます。藁も有機栽培に不可欠な肥料になります。

 

風が強くて藁がよく宙を舞っていました。

 

子ども達も寝転んでしまうほど、まるで藁の絨毯!

 

本日のラストスパート!ヒノヒカリの掛け干しの続きへ。

3時には予定通り「そら一・二」の掛け干しと「そら三」の稲刈りが完了!サポーター大人14名・子ども9名、でんえん隊11名の参加、ありがとうございました。

 

田んぼ作業の後は、お待ちかねの枝豆刈り。

 


今日は、さらに大きくなったプリプリの枝豆でした!

 

photo by minami & Fまさよさん


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.iwara.jp/trackback/1571