田縁日記


<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


*草刈りとサツマイモ植えの準備

今日はでんえん隊7名で、「そら」の畦の草刈と、来週のサツマイモ植え準備のため「川向う」を耕耘。 
午前8時からだったせいか、涼しくて作業はスムーズに進み予定の11時前には終了しました。

 

そして再び午後4時、川口さんがやって来て、おやさい畑で余ったトウモロコシ・トマト・唐辛子の苗を事務局畑に定植してくれました。
唐辛子は来年の味噌づくりに時に使います。

 


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*苗箱の据え付け

今日も、青い空と新緑がまぶしい中での農作業でした。

 

まず9時からでんえん隊が、レベラーという機械で苗床を均平にならしていきます。
そして、根切りマットというアミを敷いて、受け入れ準備完了。

 

10時からサポーターもぼちぼちと集まり、昨日種まきした苗箱とお米の品種を間違わないよう名札を付けて軽トラに載せ、苗床へ。

 

同時に、新しく米づくりサポーターになった皆さんはサポーターハウスで「田縁米スタート会」を行いました。

 

いよいよ苗箱の据え付けが始まりました。
サポーターが、苗床の間の溝に一列に並んで、ハンガーに載せた苗箱を2枚づつバケツリレー方式で、先頭の並べ手へ運んでいきます。

 

並べ手が2枚ずつきれいに並べ終わると、空いたハンガーをまたバケツリレー方式で軽トラに戻していくのです。

11時の休憩時間には、新しいサポーターの皆さんも苗床に来て、自己紹介の後に据え付け作業に初参加。
わいわいと大声で楽しく話しながらの作業は楽しいものです。

 

苗床に並べられた苗箱の上に、重量の軽めな女性や子どものペアでベニヤ板に載って、苗箱を苗床に押さえつけて、下から毛管現象で水を苗箱に吸水させればOK。

 

最後に、スズメに種もみが食べられない様に寒冷紗をかけ、午前中には約500枚が据え付け完了。

 

お昼はサポーターハウスで皆さんとランチ。日差しがきつかったせいか、サポーターハウスの中に拵えたテーブルは、涼しくてとても快適でした。

 

午後からは、残りの250枚を据え付け、2時過ぎには苗箱の据え付けが全て終わりました。

 

意外と早く終わったので、有志で落花生のポットへの種まきを3箱だけ行いました。

 

サポーター大人18名・子ども5名、でんえん隊14名の参加、ありがとうございました!

 

author by 川口
photo by 南 & スーさん & U子

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*水稲の種まき

朝からいいお天気!「田縁米スタート会」と水稲の種まきを行いました。

 

10時から新人サポーターの皆さんたちに田縁プロジェクトをご紹介!

 

事務局やでんえん隊、そして新人サポーターの皆さんも自己紹介。

 

お米づくりの一年や農作業のことなど、お米づくりを行う田んぼで事務局長の川口さんが説明。
お米づくりを楽しみながら頑張りましょう!

 

そして、水稲の種まき開始!
去年まで使っていた種播機は古く故障続きだったので、今年は新しい種播機を導入!ピカピカです!

 

みんな並んで種播機で種を播いた苗箱トレーを一つづつ運びます。

 

同時に1袋25キロの種まき用の土を機械のそばまでバケツリレー。

 

種の品種が変わる度に、機械の種まき部分を取り外し、エアーコンプレッサーで入念に掃除をして品種が混ざらないようにします。

 

苗箱トレーに播かれた種をこぼさないようしっかりと受け取り…

 

サポーターハウスへ運び入れ、そろりと降ろして明日の据え付けに備えました。

 

種まきは無事午後過ぎには終了し、午後からは継続のサポーターも一緒にさとの庵の石垣の草取りを行いました。

 

サポーター大人21名・子ども14名、でんえん隊14名の参加、ありがとうございました。

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*配送など

連休のため5月分の田縁米は1日早い出荷日となり、でんえん隊3名で吉住米穀店で宅配の梱包をして、郵便局とプティールへ搬入しました。
今月は田縁米のサポーター予約分が最終回のためか、500キロを超える出荷となりました。

その後、サポーターハウスで事務局2名で、明日明後日の田縁米スタート会で、新しくサポーターになった方へお渡しする「田縁米」の準備をしました。

明日もいいお天気のようです。今年新しくサポーターになった方々も参加するので楽しみです。

 

author by 川口

 


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*苗箱の据え付けの準備

今日はちょっと肌寒いと感じる曇り空の中、でんえん隊8名での農作業。苗箱の据え付けに備え、「たつ・さと」の畦の草刈をしました。

 

草刈が終わると、棚田がくっきりと見えて、美しく感じます。

 


同時進行で「たつ一〜六」の水路の点検と掃除を行い、苗床になる「たつ六」に川から水を引きました。
昨日、一昨日と雨だったおかげで、水も良く貯まるようです。
さあ、5月3日の種まき、そして4日の苗箱の据え付けが待ち遠しいですね。

 

author by 川口
photo by スーさん

 

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*種もみの温湯消毒

今日はでんえん隊9名で、3日に行う水稲の種まきに備え、種もみの温湯消毒をしました。
一般の農家は種もみの殺菌と殺虫には農薬を使いますが、私たちプロジェクトは無農薬のため、種もみを60℃のお湯に5分間浸けた後、水で冷やす方法の温湯消毒を行なっています。

ただし、いっぺんにたくさんの種もみを消毒できませんので、時間と手間がかかります。
今年作付予定の5品種、合計55キロの種もみの温湯消毒には、9時~12時までかかりました。
でも、でんえん隊はずっとこの方法でやっているので、手慣れたもの!お湯沸かしから、種もみを冷やすところまで、手分けしながらスムーズに作業しました。

 


また、明日から3日間、雨の予報だったので、苗床の畝立て作業も並行して行いました。
これで、後は苗床に川の水を引き込むだけになりました。

いよいよ、今年の米づくりが始動しました!

 

author by 川口
photo by スーさん

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*瑞梅寺地区と一緒にほたる街道の整備

朝から久々のいいお天気。
今日は8時から瑞梅寺地区の皆さんと、初めて一緒に「ほたる街道」の整備を行いました。
「そら」などの田んぼ下にある川沿いの農道「ほたる街道」は、昔はダンプも通っていたとのことでしたが、今ではすっかり荒れてしまってイノシシの隠れ場所に。
2年前からでんえん隊が草刈りなど整備しつつも、なかなか手強く進みません…
>ほたる街道

そして先日、瑞梅寺の皆さんとの交流会で、
「なかなか自分達でも手が付けられないところをやってくれてありがとう。まだ残っているなら、一緒にやろう!」
との提案で、今日になりました。


瑞梅寺の皆さんはチェンソーで雑木の切り倒しを中心に、でんえん隊はあと150mくらい残っている篠竹の刈り取りを行いました。
気温は低かったのに、力仕事だったのでみんな汗だく!
そして、11時半頃、ついに貫通!!3年越しの悲願達成でした。

お昼は青空の下、サポーターハウスの前で一緒に仲良くお弁当ランチ。
瑞梅寺の皆さんのおかげで、大きな雑木も切ってもらい「ほたる街道」がきれいになりました。
しかし、イノシシが荒らした道はボコボコ、斜面の雑木も残っているので、また秋に瑞梅寺地区とでんえん隊で一緒に整備作業を行うことにしました。

 

author by 川口
photo by minamai


| ほたる街道 | comments(0) | trackbacks(0) |
*田んぼの荒起こし

土曜日に米ぬかを散布した「たつ四」「さと五・六」「そら一〜三」の耕耘を行いました。

 


私とスーさんの2台のトラクターで、9時から始めて、15時前には終了。
これで、れんげ草が咲いてる田んぼ以外の荒起こし(1回目の耕耘)が終わりました。
さとの庵からの田んぼの風景が、キリリとしてきました。
 

author by 川口
photo by スーさん & 南

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/181 | >>