田縁日記


<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


*今年の稲刈りラスト!

今年最後の稲刈りは「さと四」のヒヨクモチ。

でんえん隊は8時から、3台のバインダーで稲刈り開始!全機すこぶる調子がよく、1時間半ほどで刈り終わりました。

 

9時からぼちぼちとサポーターさんが参加して、竹を組み、掛け干し。

 

 

今日は参加者が多く、10時半には掛け干しも完了!

 

引き続き、田んぼのワラまきを始めましたが、「さと一〜三・五〜七」の6枚の田んぼがあっという間に片付き11時には今日の予定していた農作業が終わってしまいました。田んぼの水気が引き歩きやすかったこともありますが、やはり、人の数の威力です。すごい!

そして、お待ちかねのサツマイモ掘りへ。みんな笑顔でたくさんのサツマイモを持ち帰ってもらいました。

サポーター大人12名・子ども1名、でんえん隊12名の参加、ありがとうございました。

 

author by 川口
photo by minami

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*裏方諸々

今日は、久しぶりの晴天の中、でんえん隊8名で米運びと草刈をしました。
米運びは、田縁米を予約されたみなさんの11月分を準備するため、籾米を約2トン吉住米穀店へ運びました。
これから籾摺り、精米、袋詰めをしてもらい、11月10日の収穫祭などで皆さんにお届けする予定です。
草刈は、おやさい畑の周りの電柵の下をぐるりと草刈しました。先日もイノシシが侵入したので、電柵がよく効くように整備しました。
9時から11時半まで、ご苦労さまでした。
 

author by 川口

 


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*昨日残ってしまった「たつ五」の稲刈りと掛け干し

イノシシが暴れまわって、かなりの稲が倒れたり、土の中に踏み込まれたり…散々な状況のため、昨日は半分ほど稲刈りしたところで時間切れ。
そこで今日は、色んな方向に倒れて交錯している稲株を、みんなで1列ずつ立て起こしながら、バインダーで刈り取ってもらいましたが、「たつ五」のたった半分の面積なのに約2時間かかりました。
同時進行していた掛け干しを急ピッチで進め、12時ちょっと過ぎに「たつ五」の掛け干しが無事終了!
ただ、「たつ五・六」の奥はイノシシの被害がひどいため、そのままにしています。残念ですが、後日、倒れ込んだ稲の処分作業を行う予定です。

急な農作業にも関わらず参加していただいたサポーター4名、でんえん隊6名のみなさん、ありがとうございました。

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*「そら五」と「たつ五・六」の稲刈り

先週の雨の影響で延び延びになっていた稲刈りでしたが、雨量が多く田んぼが乾ききれず予想外の作業になりました。

 

「たつ五・六」はイノシシの侵入で、かなり荒らされ稲穂が倒れ、バインダーの稲刈りに一苦労。

 

「そら五」は2台のバインダーで急ピッチで稲刈りを開始したものの、雨水が引ききれてない田んぼにバインダーのタイヤがいぼり、なかなか進めず大大大苦戦。

 

中央の稲刈りは手刈りも行いましたが、掛け干し台の組み立てや掛け干しも、足首以上が土にいぼる上に蒸し暑さもたたって、倍以上の時間がかかり「そら五」の掛け干しはお昼ジャストに完了。

 

午後からの作業は、午前中に稲刈りが終わった「たつ六」の掛け干し。

 

「たつ六」の川側奥の方はイノシシが荒らして稲穂が多く倒れ、立ち上がっている稲穂だけを手刈りしました。

 

立ち上がってる稲穂の中には、イノシシに食べられた稲穂も多々ありました。

 

掛け干し台が1列ほど立てることができず「たつ六」に余った刈った稲は、ひとまず「たつ五」側の畦に上げ、さらに「たつ五」は稲刈りが終わらず、明日の緊急農作業へ持ち越し。

サポーター大人12名・子ども8名、でんえん隊10名の参加、大変な農作業となりお疲れ様でした。

田んぼ作業後は、サツマイモ掘りへ!先週よりも大きくなったサツマイモを持って帰ってもらいました。

 

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*さとの庵の草刈りとおやさい畑用の種まき

今日は、稲刈りが延期になったので、8時から10時まで、でんえん隊6名でさとの庵の敷地内と周りの草刈をしました。
夏にイノシシが敷地内に入り、穴をボコボコあけていたので、屋敷周りに電気牧柵を張りましたが、その下の草刈も兼ねてきれいになりました。
10時からは、おやさい畑会員2名と一緒に、空豆やスナックエンドウなどの種をポットに蒔き、育苗のために大型ビニールハウスに運び入れました。
 

author by 川口

 


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*ヒノヒカリの脱穀

明日10月18日(金)は雨が降る予報だったので、急遽、でんえん隊8名でヒノヒカリの脱穀を行いました。
10月13・14日に稲刈りと掛け干しをしたお米が乾燥しているか心配していましたが、玄米水分16%でバッチリ!
しかし、12時過ぎくらいからポツポツと時折降ってくる雨…お昼ごはんも取らずに13時半まで頑張りましたが、雨粒が大きくなってきたので、脱穀を断念。
「そら二」の途中までと「そら一」の脱穀と竹片付けができました。残りは、来週です。
また、おやさい畑会員用の来年の稲藁(軽トラに山盛り3台分)を大型ビニールハウスに運び入れました。

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
*米倉点検

昨年に増設した米倉にネズミが侵入していたので、太田師匠に点検してもらいました。

 


| 裏方作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
*れんげ草の種まきとヒノヒカリの掛け干し完了

午前中、まずは昨日耕耘した「たつ三・四・九・十」と今日耕耘した「たつ七・八」に、れんげ草の種と藁をまきました。

 

でんえん隊はつくしろまんの脱穀が終わった田んぼから竹脚や竿を「そら三・四」へ運び、掛け干し台の組み立て作業に大忙し!

 

サポーターのお父さん達も竹脚組みを太田師匠に教わりながら、しっかりと作りあげてくれました。

 

子ども達は「そら四」で稲刈り体験へ。

 

稲刈り体験の体験の後は「たつ八」でトラクターでの耕耘体験もしました。

 

トラクター体験の後はれんげ草の種まきと藁まきへ。

 

たっぷりと藁まきした「たつ三・四」はお日さまの光で黄金色に輝いていました。

 

午後から「そら三・四」の掛け干し。

秋晴れの中、快調に農作業が進み14時には掛け干しが終わりました。サポーター大人17名・子ども6名、でんえん隊12名の参加ありがとうございました。

 

田んぼ作業の後は、お待ちかねのサツマイモ掘り!

 

今年はちょっと小ぶりなものから大きなものまで、バラつきはありますが、たくさんのお芋がお土産になり、ホクホク顔でした!

 

これでヒノヒカリの掛け干し全て完了!次週は実りつくしとヒヨクモチの稲刈りと掛け干し、頑張りましょう!

 


| 田んぼ2019 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/189 | >>